再建築不可物件、借地権、底地、共有持分、任意売却等複雑な不動産のことなら、株式会社パトリにお任せください。

株式会社パトリ

不動産の事ならお任せ下さい!

 東京都港区南青山6-6-21
 グロービル青山 6階

アクセス:表参道駅より徒歩10分

お気軽にお問合せください

03-6419-7881

営業時間:10:00~19:00

お役立ち情報

再構築不可物件ってどうしたら売却できる?方法をご紹介します。

「長年住んでいた家が、法改正によって再構築不可物件になってしまい売却が難しい」
「再構築不可物件を持っているけれど、いらなくなったので、もう売りたい」

こういった声を最近よく耳にします。
確かに、建築基準法に準じていない不動産は買い手がつきにくいと言われています。
業者によっては、再構築不可物件の買取りをお断りしている場合もあるようです。

しかし、近年、都会に住む方の再構築不可物件への需要が高まっていることをご存じですか?
ここでは、再構築不可物件に買い手の需要がある理由、そしてその売却方法をご紹介します。

□再構築不可物件に需要がある理由
どうして建て替えもできないのに再構築不可物件に買い手がつくのでしょうか?

その理由の1つとして「安さ」が挙げられます。
再構築不可物件の資産価値はとても低いため、固定資産税や相続税が安くなり、長い目で見て、払う金額が小さくなる傾向にあります。
また、通常の物件を買うより3~5割減で購入できることも大きなメリットになっているようです。

2つ目の理由としては、暮らしやすさです。
再構築不可物件は、建築基準法の定める道路に接していないか、接していてもその長さが2メートルに足らない物件のことを指します。
つまり、再構築不可物件の周りは、細い道路や通路が多いのです。
すると、必然的に車通りが少ない地域になるので、お子さんのいる家庭にとって、都会の喧噪を感じさせない暮らしやすい環境が整っています。

□再構築不可物件の売却方法

*再構築不可物件を再構築可能にして売却する
リフォームしたり、隣の土地を購入したりすることによって接道義務を果たし、再構築可能にして価値を上げて売却するという方法です。
場合によっては、リフォーム代金や購入代金の元を回収し、十分な利益を生み出す可能性があります。

*再構築不可物件の買取をしている業者を探す
再構築不可物件でも買取を行う業者はあります。
1つ目の方法よりは、買取りの値段は下がりますが、再構築不可物件を購入したい顧客情報を豊富にもつ業者に相談することによって、買い手がつく可能性は高くなります。
また、弊社では壊れている箇所があっても買取を行っており、残置物の処理も承っているので、売却の際の負担が少なくて済みます。

□最後に
都会の高い家賃に悩んでいる方や、車や人、ビルの多さに悩まれている方にとって、再構築不可物件はコスパの面で魅力的なようですね。
再構築不可物件を持っている方も、空き屋にしてしまう前に、価値がある内に売却しませんか?
弊社の電話又はメールでの無料相談をぜひご利用下さい。

詳しくはこちらをクリック

【永久保存版】借地権をできるだけ高く売る方法3選

「えっ借地権って売れるの?」
そう思われた方もいるかもしれません。
その通り!借地権は売れます。
地主にとっては、地代を払ってくれる人が変わるだけです。


ただし、借地権を第三者に売却する場合、地主に承諾料を払わなければなりません。
では、そのような各種手数料を差し引いても多く利益が残るように、借地権をできるだけ高く売るにはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは、借地権を高く売るための一般的な3つの方法をご紹介していきます。

 

□地主に売却する


不動産会社等の第三者を介さずに地主と直接やりとりすることで、余分な出費を防ぐことができます。
その場所の立地条件や建物の古さによっては、買い手を探すのが難しく、その分値段も下がりやすいでしょう。
地主に借地権を戻す場合は、このような条件を一切考慮する必要がありません。
また、第三者に売るときに発生する地主への承諾料もカットされ、利益率が高いと言えます。

 

□土地とまとめて売る


借地権付き建物を売るよりも、土地とセットで売った方が高く売れます。
市場価格に近い値段で取引されることもあります。
買い手側からしてもセットで買った方がシンプルで使いやすいですよね。
しかし、地主の土地も売ってしまうので、承諾してくれるかどうかは関係次第です。
また、建物が古いと売れにくいというデメリットもあります。

 

□地主と相互売買


借地権の一部と地主のもつ底地権の一部を交換する方法です。
地主→借地運用をもうやめたい しかし借地権買取りできる経済力がない
借地人→底地権を買いたい しかし買取りできる経済力がない
という場合にオススメです。
(借地権)+(底地権)の完全な所有権をお互いに部分的に持つことができます。
一度、お互いに買取り会社を介することで、トラブルを防ぎ、お金の負担も抑えることができます。

 

最後に、借地権の取引において重要なことをお伝えします。
それは、専門知識を持つ不動産に相談するということです。
借地権者と地主だけで問題を解決するとなると、両者の関係も悪化し、裁判沙汰になってしまう場合があります。
裁判になってしまうと、更なるコストがかかってしまう上に、新借地権者が新しく契約を結び直さなくてはいけない可能性もでてきます。
できるだけ地主との関係を良好に保つことが、円滑に借地権を高く売る近道です。

 

弊社は借地権の取引のサポート実績も多く、第三者への売却に成功にした方、地主への売却に成功した方等、多くの事例をホームページで紹介しておりますので、ぜひご覧下さい。

詳しくはこちらをクリック

底地権を売却したいとお考えの方必見!その方法と注意点とは

「固定資産税が多いし、思ったより地代収入が望めないから売却したい」
「相続人もいないので、底地を売って資産整理をしたい」
そんな思いをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
でも底地は権利関係も複雑なので処理が難しいですよね。
今回は、底地権の売却を考えている方に、売却の際の方法と注意点をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

□底地権の売却方法

 

*借地権者に買い取ってもらう
ますは、借地権者に買い取ってもらう方法です。
買い取ってくれる人を探す手間が省ける上に、借地権者側もこれ以上地代を払う必要がなくなり、完全な所有権を獲得することができます。
双方にメリットがあり、比較的シンプルな方法と言えるでしょう。
また、借地権者と借地権・底地権の一部を交換して、完全な所有権を手に入れることもできます。
しかし、この場合、双方の使える土地の面積は当然小さくなってしまいます。

*第三者に買い取ってもらう
次に、第三者に売る方法です。多くの場合、不動産会社を通して買い手を探してもらい売却します。更地の評価額の15%まで下がってしまいますが、不動産が買い取ってくれるのでどうしても売りたい方にオススメです。

 

□底地権売却の注意点

 

*借地権者に告知する
実は、底地権の譲渡に関しては、借地権者に了解を取る必要はありません。
しかし、これまで借地権者と築き上げてきた信頼や関係を鑑みると、事前にきちんと告知することが大切です。
「この地主さんだから地代を払って住んできたのに」という場合もあるからです。

*業者の仲介を入れる
譲渡する際には、貸地の範囲を明らかにし、境界確認書を提出しなければなりません。
そういった事務手続きや迅速な測量をしてくれる不動産屋や業者を探しましょう。
また底地は収益性・流動性も低く、個人で買い取ってくれる人を探すのはとても困難です。

 

□まとめ


底地権は借地権者との連携を取ることが、迅速にかつ、高く売るコツです。
借地権者も同じく売却を考えているのであれば、協力して、借地権と底地権をセットで売ることで、買い手もつきやすいでしょう。
その場合、取り分は、借地権と底地権の元々の割合によるものが多いようです。
第三者に譲渡する際も、信頼のできる不動産会社を介して、スムーズに取引しましょう。

弊社も底地権の買取りを承っており、話が早くまとまった場合は最短4日で資金をご用意しています。
ご用意東京近辺で底地権売却をお考えの際は、ぜひお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらをクリック

すぐに現金が必要!共有名義の不動産を売却する手続きをご紹介

入院費や引っ越し代、車が故障して買い換えたい等々、今すぐに現金が必要な場合ってありますよね。

銀行から借りるのも良いですが、共有不動産を売却してはいかがでしょうか?

「共有者同士の話し合いもあるし、面倒くさそう」

そんな方のために、今回は共有名義不動産の売却手続きをご紹介していきます。

 

□共有名義不動産とは

そもそも共有名義不動産というのは、1つの不動産を複数人で共同で所有することを指します。

それぞれ、持ち分となる所有権の割合が異なっています。

実は、その共有者同士の和から自分だけ抜け出して、自分の持ち分を売却できるのです。

 

□現物分割

現物分割とは、所有権を実際に目に見える形で分割する方法です。

しかし現実的に不可能な場合が多くあります。

というのも、建物を持ち分だけ切り取るというのはできませんし、建物が土地のほとんどを占めている場合、土地に線を引いて売ることも不可能に近いからです。

 

□代償分割

代償分割とは、その不動産自体をすっかり不動産屋に売り払ってしまって、その売却したお金を各自の持ち分に応じて分配するというものです。

分けやすいというメリットはありますが、その建物や土地は無くなってしまうので、共有者の同意が必要となります。

厳密に言うと、名義人全員の印鑑証明、そして本人確認書類、住民票が必要となってきます。

 

□価格賠償

価格賠償とは、共有所有者から抜けた人に対し、他の人たちがその人の持ち分の価格分の金額を支払う方法です。

例えば、共有者が4人いたとして、自分だけ抜けて、他の共有者に価格賠償してもらうことが可能です。

しかし、やはり他の共有者の協力が必要ですね。

 

□どうしても共有名義から抜けたいのに、協議に応じてくれない!そんな時は?

共有者同士の協議が上手くいかなかったり、応じてくれない人がいる場合は、裁判所に協力してもらうことができます。

しかし他の共有者と好ましくない関係になってしまう可能性がありますので、注意しましょう。

 

□まとめ

以上、共有名義不動産の売却方法についてご紹介してきました。

ご自分にあった売却方法は見つかりましたか? 

一部だけの不動産を購入するメリットは少ないので、買い手を探すのは中々に難しいかもしれません。

そんなときは、専門の不動産や弁護士に相談するのが良いでしょう。

 

弊社では、共有名義に関して複雑な状況に陥ってお困りの方を全力でサポートしております。

また、お話が早くまとまった場合、最短4日で資金を現金でご用意しますので、すぐに資金が必要な方にも対応可能です。

土日にもご相談を受付けているので、まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらをクリック

自己破産する前に必見!任意売却ってなに?

住宅ローンやその他多額の借金に頭を悩ませていませんか?

自己破産すれば、確かに借金の返済義務は無くなるけれど、子供の学校のことや、これからの生活に支障があるのは目に見えています。

そのような状況を避けるために、任意売却をしてはいかがでしょうか?

「え、任意売却をしたら必然的に自己破産してしまうのでは?」

いいえ、状況によっては、必ずしも自己破産しなくても大丈夫です。

今回は、任意売却の説明と、任意売却の流れをご紹介していきますので、借金問題の解決の参考にしてみてください。

 

□任意売却

任意売却とは、住宅ローンの返済が滞っていて返済が難しい場合でも、抵当権を外して住宅を売却できる方法です。

通常、住宅ローンの返済が滞り、返済できないような状況に陥ると、債権者(借り入れ先の銀行)は役所と協力し、その不動産を買取り、不動産会社に競売に出します。

しかし、任意売却では、引っ越し代も出してもらえる上に、リースバックといって住み続けることが可能な場合があります。

 

「こんなに美味しい話なら裏がありそう」そう思われた方も多いでしょう。

任意売却のデメリットとしては、個人信用情報に延滞履歴がついてしまい、クレジットカードを作る・借金をする等の信用に関わる行為がおよそ7年間制限されてしまいます。

また、住宅ローンも残ってしまいます。

というのは、任意売却において多くの場合、住宅ローンの方がその不動産の売却額よりも多いことがあるからです。

そして、ローンの残った不動産を売って借金の一部分を返済し、残りを自らで補うのが任意売却だからです。

残った借金の話になって初めて、自己破産・史談・時効を待つという選択肢が出てくるので、

くれぐれも、任意売却=自己破産への道と思わないようにしましょう。

 

□任意売却の流れ

まずは、電話やメールで専門の不動産業者に相談します。

弊社では土日も相談を受付けております。

ぜひご利用下さい。

そして、個別で面談し、リースバックの意思や、どういった状況なのかを詳しく整理していきます。

ローン等の状況把握が終わると、依頼された不動産を査定し、その査定を元に、債権者である金融機関が最終的な価格を決定します。

その後、仲介不動産を通して、スケジュールの調整、抵当権の取り消し、諸経費等を交渉していきます。

交渉成立すると、競売は取り下げられ、引っ越し・リースバックの準備に入ります。

 

◯まとめ

一見、任意売却はややこしいかもしれません。

しかし、自己破産すると更なる制約がついてまわることとなります。

家庭や現在の生活レベルを守るためにも、任意売却できる方は、自己破産せず、まずは不動産に相談してみましょう。

詳しくはこちらをクリック

不動産の競売とは?競売の仕組みと流れを徹底解説!

住宅ローンを滞納してしまうと、裁判所から届く競売開始の通知。

しかし、実際に競り落とされて売却されるまで、猶予があることをご存じですか?

開始決定時点では、任意売却等の選択肢も残されているので、慌てるのはまだ早いです!

「自己破産寸前で、いつ競売にかけられてもおかしくない」

そんな方は、今回の記事を参考に、不動産の競売について把握し、対策に努めましょう。

 

□不動産の競売とは

通常、ローンを組んで住宅を購入する際、銀行等の金融機関は対象となる不動産に抵当権を設定します。

抵当権は、返済できない場合のための担保となります。

住宅ローンの返済がある一定期間滞ると、債権者である借り入れ先の金融機関は、損を防ぐために、抵当権を実行し、ローンの未返済分の回収を図ります。

つまり、不動産を競売にかけることで、各不動産会社に買い取ってもらい、その金額を充当するといった方法です。

しかし、競売で売れたとしても、相場の70%ほどの価格しかつかないことが多く、借金が残る可能性もあります。

また、不動産会社がご近所に広告を出したり、宣伝を行ったりするので、「あの家、競売にかけられるんだって」というように、風評被害も多少は免れません。

 

□不動産の競売の流れ

住宅ローンの返済が3~6ヶ月続くと、裁判所から督促状が届くようになります。

また、銀行の職員がご自宅や会社を訪問する場合もあります。

次に住宅ローン契約時に、同時に契約されている保証会社が、あなたの代わりに銀行に未納分を支払います。

先ほどは、金融機関が直接抵当権を実行しているように述べましたが、厳密に言うと、抵当権を設定しているのはこの保証会社です。

そして保証会社は裁判所と連携を図り、対象となる物件の差し押さえを行います。

この時点で、不動産競売開始です。

競売開始を通知する封筒が届いてから、早くて4ヶ月であなたの家は不動産屋に売られてしまいます。

しかし、まだ任意売却という道が残されているのもこの段階です。

状況によっては、その家に住み続けることもあるので、専門の不動産に相談してみましょう。

その後、裁判所から執行官が来て、不動産の調査が行われ、入札→落札→所有権移転→不動産の明け渡し、というように進んで行きます。

こうなっては、もう不動産をどうにもすることはできません。

 

□まとめ

不動産の競売の性質上、不安になるような言葉が並べられていたとは思いますが、

不動産の競売について分かっていただけたでしょうか?

弊社では、任意売却を含め様々な不動産に関する相談を受付けております。競売にかけられてしまう前に、ぜひお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらをクリック

再構築不可物件の処理に困っている方必見!方法をお教えします

建物を取り壊して建て替える、いわゆる再構築のできない物件って処理するのが難しいですよね。

最初に説明致しますと、再構築不可物件は大きく2つに分かれます。

 

1.建築基準法上の道路には接しているが、接す側の長さ(間口)が2メートル未満。

2.建築基準法に道路として認められていない通路に接している。

 

このような再構築付加物件は、放置してしまうと不動産としての価値がどんどん落ちてしまうかもしれません。

そんな悩めるあなたに、今回は、再構築物件をどうやって処理したら良いのかご紹介していきます。

 

□リフォーム

「古くなってきたから、建て替えようと思ったのに、再構築不可物件であることが発覚してしまった」

そんな方は建て替えではなく、リフォームをしていきましょう。

というのも、建て替えの場合「建築許可」が降りないので、無視してしまうと罰則が科されてしまうからです。

しかし、リフォームならそんな心配はいりません。

リフォームでも十分に建て替えたような雰囲気を出すことはできます。

基本となる骨組みや柱などがしっかりしている建物なら、ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

□売却

再構築不可物件は一般的に、売るのが難しいと言われています。

しかし、実は都会の喧噪が苦手な方の需要があり、売ることは可能なのです。

というのも、再構築不可物件の周りは狭い道路や通路が多いので、車は走れませんし、高層ビルが建つ心配も無いからです。

また、通常の物件を購入するよりも3~5割減で買うことができ、固定資産税やその他の租税も安く済むというメリットがあります。

 

「じゃあ売るときの値段もかなり安くされるのでは?」

確かに、通常の物件と比べてしまうと、比較的安くなるでしょう。

しかし、会社によっては、高値で買い取ってもらえる場合もあるようです。

 

このように、再構築不可物件だからといって、活用できないことはありません。

「リフォームだとお金もかかるし、ここに住み続けたいとも思わない!」という方は、

高価買取りをしてもらって、新しい不動産を購入するのもいいかもしれませんね。

 

弊社は、東京を中心に関東における再構築不可物件の買取実績が多く、また高値で買い取らせていただいております。

売却前にメンテナンスしたり、残留物を処理したりする必要もございません。

その物件に対して責任を負うことも無いのでご安心下さい。

再構築不可物件の様々な諸条件にも対応しております。

まずは、無料相談してみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらをクリック

不動産の共有名義の手続きってどうすればいいの?

みなさんこんにちは。
みなさんは家を建てようと考えた際に資金計画を立てると思います。
資金計画を立てたときにきちんと支払うことができるのかどうか不安になってしまうことはありませんか。

そんな時の解決方法の一つとして、その不動産を共有名義にするというものがあります。
今回はそんな共有名義がどのようなものなのか、また、不動産を共有名義にする際にはどのような手続きが必要になってくるのかについて説明していきたいと思います。

□共有名義とは
共有名義とは、その不動産の名義を一人ではなく、二人以上の名義になっている物件のことです。


一方で、注意しなければいけない点もあります。
その不動産全部を売却したいと考えた際に自分の独断では売却することができないという点です。
共有名義の物件の場合、その不動産の名義人全員の同意がなければ売却することができません。

もう一つ注意しなければいけない点は、費用が余分にかかってしまうということです。
一人一人にかかる金額は少なくなっていますが、全体でかかった費用をみると一人で購入した場合よりもお金がかかってしまいます。

□手続き
次に、不動産を共有名義にした場合一人の名義の不動産と異なり注意しなければならない手続きについてご説明したいと思います。
不動産を共有名義にした場合、最も気を付けなければならないことは売却の時です。
共有名義の不動産を売却する場合自分の持ち分だけを売るという方法と売ったお金をそれぞれの持ち分で分け合うというものです。

しかし、前者の売却方法には条件があるため、おもに後者の売却方法が主となっています。
この不動産を売却した後で、持ち分で分け合う方法の際に必要となってくる手続きは名義人全員の印鑑証明や本人確認書類、住民票を揃えるということが必要になってきます。
このようなことは共有名義の不動産売却の時しか発生しないため気を付けるようにしてください。

□まとめ
今回は共有名義についてご説明しました。
共有名義の時のみ必要となる手続きなどがあるため、しっかりと確認するようにしてください。

詳しくはこちらをクリック

再建築不可物件の売却したけいけどどうすればいいの

「再建築不可物件を売却する際にどのような手続きがあるのか分からない」
「再建築不可物件はちゃんと買い取ってもらえることができるのだろうか」
みなさんはこういった疑問を覚えたことはありませんか。

再建築不可物件は原則として、建築基準法上の幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していない物件のことを指します。
この再建築不可物件になってしまうと建て直すことが出来なくなってしまい、買い取る際に住宅ローンを組むことが難しいため、現金で買い取るという手段しかないといった問題が生じてしまいます。

そのため、建築不可物件を売却することができなく、どうすればいいかわからないといったことがあると思います。
今回は、そんな再建築不可物件の売却方法についてご説明していきたいと思います。

□買い取ってもらえるのか
再建築不可物件は、他の物件と比べ売却が難しいことが多いですが、決して買い取ってもらえないということではありません。
それでは、どのようにすれば売却するようになるのでしょうか。

*隣接する土地を購入する
前述の通り、再建築不可物件は基本的に建築基準法の上の幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していない物件のことを指します。
そのため、隣接している土地を購入し幅4メートル以上の道路に2メートル以上接している状態になれば、再建設可能な物件になります。

*リフォームする
再建築不可物件もリフォームを行うことはできます。
再建築を行わなくてもリフォームで家のレイアウトを変更することが可能な場合があります。

*再建築不可物件を取り扱っている不動産に依頼する
不動産屋には再建築不可物件を取り扱っている場所があります。
そのような不動産屋のホームページなどには再建築不可物件の買取を行っているということが書いてあることが多いため、そのようなサイトを見つけたら問い合わせてみると相談してみるのもいいでしょう。

このように再建築不可物件を売却するには様々な手段があります。
当社でも再建築不可物件の買い取りを行っています。
過去にも品川区小山平や千葉県松戸市、横浜市南区などの様々な再建築不可物件の買い取りを行なった実例があります。

興味がある方には、無料でご相談を行っています。
また、平日だけではなく、土日も受け付けていますので平日忙しい方でも大丈夫です。
再建築不可物件売却の際は、気兼ねなくご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

貸している土地を売りたいけれどどうすればいいの?

「土地を貸しているけど、そろそろ売却したい」
こんな時に実際に貸している土地が売れるのか、どれくらいの相場なのか気になるところだと思います。
そこで今回は、貸している土地を売ることができるのか、またその相場についてご説明します。

 

□貸している土地は売却することが出来るのか
人に貸している土地でも売却することは可能です。
そのため、貸している側が保有する底地は売却することができます。

 

□貸している土地の売却方法
次に、どういった人に向けて売却することが一般的なのか説明していきたいと思います。
*貸している土地の主な売却方法
貸している土地の売却方法は主に三つあります。

 

一つ目は土地を貸している人に自分が持っている土地の所有権を売却する方法です。
この場合、もともとその土地にかかわっている人同士での話し合いとなるため比較的楽に話し合いが進むでしょう。
また、この場合相場よりも高く買い取ってもらえることがあります。
そのため、売却を考えた場合は一度貸している人に相談してみるといいでしょう。

 

二つ目は、貸している土地を他の人に全部売却するという方法です。
その土地を貸しているといっても所有権は貸している側にあります。
そのため、土地を貸している人とは別の人に土地を売却する場合でも貸している人の一存で売却することが出来ます。

 

三つ目は、底地のみを売却する方法です。
この方法はすぐに売却することができますが、売却する対象が底地のみになってしまうため、売却する価格がとても安くなってしまいます。

 

□相場について
底地は買う人によって価値が異なりますので明確な相場というのはありませんが、底地の路線図における財産評価割合は所有権の30から40パーセントであることが多いです。
しかし、第三者に売却をする場合、この割合で売却できる可能性はほとんどなく、業者が底地を買い取る時の相場は、更地価格の10から15パーセント程度だと言われています。

 

□まとめ
今回は、貸している土地を売ることについてご紹介しました。
貸している土地を売りたいと思われた方はぜひ参考にしてください。
みなさまのご相談、お問い合わせお待ちしております。

詳しくはこちらをクリック

再建築不可物件の処分の方法はどうすればいいの?

みなさんこんにちは。
みなさんは再建築不可物件の処分に困っていませんか。
自分の住んでいる家を売却しようと考えた際にその家が再建築不可物件であったことを知り、なかなか処分することできないといったケースに陥ることも多いです。

 

実際、再建築不可物件は建て替えることが出来ないということや住宅ローンを組むことが難しいため、現金のみで購入することができる人しか購入することができないという特性上売却することが普通の物件よりも難しくなることが多いです。

今回はそんな再建築不可物件の処分の方法についてご説明したいと思います。

 

□不動産に依頼する
不動産屋の中には再建築不可物件を買い取ってくれるところもあります。
そういったところは、ホームページなどに再建築不可物件を買い取るという旨を書いてあることがあるので、ホームページをチェックするとそのような不動産屋が見つかります。

また、無料で相談を受け付けているところもあるため、気になった際は積極的に相談すると良いでしょう。

 

□改築
もう一つは改築です。
再建築不可物件は建て直すことはできませんが、改築することは可能です。
大幅な改築を行うことによって、より需要の高い物件にすることができれば、改築にかかってしまった費用に見合った利益を上げることができます。

 

□隣接している土地の購入
再建築不可物件になってしまう基本的な条件として、建築基準法上の幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接していないというものがあります。
隣接している土地を購入することによって再建築不可物件ではなくなるようにすることができれば、買い手も見つかりやすくなります。

この方法も土地を購入するという費用がかかってしまいますが、それ以上のメリットがあり、利益に繋がることもあります。

 

□長時間空き家にして放置しない
再建築不可物件にかかわらず、物件の処理を考える理由として引っ越しなどが挙げられると思います。
こういった時に処分せずに空き家として長時間放置してしまうと、家が傷んでしまい売却の際に価格が安くなってしまう理由になってしまいます。

そのため、早めに動き出すようにしましょう。

 

当社では再建築不可物件の買い取りも行っております。
過去にも再建築不可物件を買い取らせていただいたことがあるため、安心してご利用いただけます。

また、土日も無料相談を受け付けているため平日忙しいという方でもご利用していただけます。
再建築不可物件の処分をお考えの際は是非一度ご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

不動産競売とは?どのような流れで進むの?

住宅ローンの滞納、自己破産・・・
このような不安を抱えている方は、「不動産競売」という言葉を聞いたことはありますか?
今回は、そんな不動産競売についてとその流れについてご紹介します。

 

□不動産競売とは
不動産競売とは、競売物件、いわゆる、本来のマンション、一戸建て、土地などの不動産の所有者が住宅ローンや借入金の支払いの義務を果たせなくなったことから差し押さえられた不動産を裁判所が売却することです。
これによって得られた売却代金が所有者の借金の返済に使用されます。

 

□不動産競売の流れ
競売開始から立ち退きまで約9から12ヶ月かかると言われています。

 

*競売開始決定
所有者は、地方裁判所へ「不動産差し替え」の申し立てをします。
裁判所がこれを受理すると、競売開始決定の通知書が所得者に送られます。
申し出をしてから数日で開始決定の通知がくることもあります。

 

*現状調査
不動産競売をする際、適切な価格を決めなければなりません。
そこで、競売が開始されると裁判所執行官と不動産鑑定士が競売物件を訪問し、現状調査をもとに適正な価格の判断をする作業が行われます。

現状調査については、事前に通知が来るようになっています。
現状調査は法律で定められているため、所有者の意思とは関係ありません。
そのため、物件のドアに鍵がかかっていたとしても裁判所執行官は鍵屋などに依頼し、開錠をして入室ができる権利があります。

どうしても都合が悪くなった場合は、裁判所へ連絡をしないまま不在にするのではなく、事前に日程調節をしてもらいましょう。

 

*評価・現状調査報告書・物件明細書の作成
「現状調査報告書」は、執行官によって作成され、調査時点での所有者の状況や権利関係が記されています。

「評価書」は、不動産鑑定士(評価人)によって作成される資料で、不動産の概要や競売における資産的価値が書かれています。
裁判所はこの評価書を参考に、「売却基準価格」や「入札可能価格」を判断します。

「物件明細書」は、裁判書記官が作成する書類で、現状調査報告書と評価書をもとに、買収人が引き受けると思われる権利関係の概要や、競売に関することが書かれています。

 

*売却基準価額の決定
評価人の評価をもとに、住宅の売却基準価額が定められます。

 

*期間入札の開始
裁判所は、物件明細書や売却までのスケジュールを公開し、売却希望者を募集します。
入札によってその競売物件の売却者を決めます。
入札とは、売却希望者が 購入希望金額を指定し、購入したいことを示すことです。

このとき、購入希望額は、売却基準価額の80%以上、そして、入札する際、売却基準価額の20%以上の補償金の提供が必要になります。
最も高い金額を指定した人が落札され、買収人となります。

 

*売却決定・立ち退き
落札者に売却不許可理由がない限り、売却者が納付期限までに代金を納付すれば、所有権を取得できます。
元所有者は、代金納付後、6ヶ月以内に引き渡しをしなければなりません。

 

□まとめ
今回は、不動産競売についてご紹介しました。
住宅ローンの滞納や自己破産の不安を抱えている方、この記事を少しでも参考にしていただければ幸いです。

私たちはお客さまのご相談やお悩みに丁寧に対応しております。
ぜひお問い合わせください。

詳しくはこちらをクリック

借地権を高く売る方法はどのようにすればいいの?

みなさんこんにちは。

みなさんは借地権というものをご存知ですか。

 

借地権とは、簡単に言うと自分が所有しようと考えている建物を建てるための土地を他人から借りる権利のことです。

今、この借地権付きの建物を売却したいと考えている人が数多くいます。

 

今回はそんな借地権付きの建物の売却方法とどのようにすれば高く売ることができるのかご説明していきたいと思います。

 

□売ることができる借地権とそうでない借地権

借地権には、旧法が適用されるものと新法が適用されるものがあります。

これは契約日が1992年間8月1日以前であるか以後であるかによって決まってきます。

適用される法が旧法であれば売却することができますが、新法が適用される場合には売却できない場合があります。

 

新法の場合普通借地権と定期借地権という二種類に分かれていますが、もし仮に定期借地権だった場合、売却することが出来ないことが多いので注意するようにしてください。

 

□借地権を売却する方法

次に、借地権を売却する主な方法についてご説明してます。

 

一つ目は、その土地の地主さんに売却する方法です。

この場合、地主さんに借地権を買い戻してもらうという形になります。

 

二つ目は、地主さん以外に売却する方法です。

この時に気を付けなければならないことは地主さんに売却することを承諾してもらうことが必要ということです。

これはもともと地主さんから借りている土地のためです。

地主さんの同意を得ることができた場合、名義書換などの手続きをすることにより他の人に売却することができます。

 

この二つの方法が主になってきますが、他にも地主さんに土地の一部を底地などと交換してもらいほかの人々に売却するという方法などがあります。

 

□なるべく高く売るには

借地権付きの建物をなるべく高く売るにはその借地権付きの建物がいくらくらいで売れるのか把握しておくことが大事になります。

借地権付きの建物を売却する時の相場というものがありません。

 

そのため、土地としての評価額×借地権の割合で計算される目安の金額を把握しておくことが重要になります。

 

□まとめ

今回は借地権について説明いたしました。

借地権付きの建物の売却をお考えの際は、その借地権に適用される法が新法なのか旧法なのか、もし新法であった場合、普通借地権なのか定期借地権なのか把握しておくこと、地主さん以外に売却する場合は地主さんの合意が得られているかどうかといったことが重要になってきます。

 

借地権付きの建物の売却をお考えの方はぜひご活用ください。

詳しくはこちらをクリック

底地を売却しようと考えているがその時の注意点は?

みなさんこんにちは。

みなさんは底地を売却しようと考えたことはありませんか。

底地はその土地を自分の意志のみで使うことができない、相続時にかかる税金が嫌だ、といった理由から売却しようと考える方がいらっしゃるのではないでしょうか。

底地を売る場合にはほかの土地とは異なることをしなければならないということがあります。

 

今回はそんな底地を売却する方法と売却する際の注意点についてご説明していきたいと思います。

 

□底地とは

まずはじめに底地とは何かについてご説明します。

底地とは、地主がほかの人に借地権を渡したことにより、土地の所有権のみをもっている状態の土地のことです。

借地権を買った人がそこの地主に地代を支払うことで、借地権をもっている人が利用するといった形になります。

 

□底地を売却する方法

次に底地を売却する方法についてご説明します。

一つ目の方法は、借地権を持っている人にその土地の保有権も買い取ってもらうという方法です。

この方法は借地権を持っている人も地代を払う必要がなくなるといったメリットがあるため、双方の考えがうまくかみ合えばお互いにメリットがある売買になります。

 

もう一つは借地権を持っている人と借地権の一部と底地の一部を交換するという方法です。

この方法は、お互いがそれぞれ単独所有する土地ができ上がるため、お互い自由に扱える土地ができることになります。

そのため、土地を売却したいと考えた場合でも、お互い自分が思うように土地を売却することができます。

 

他にも、借地権を持っている人と協力してその土地を買い取ってもらえる人を探すといった方法があります。

 

□底地売却時の注意点

最後に底地を売却する時の注意点についてご説明します。

自分が底地を所有していた場合地代を受け取ることができていましたが、底地を売却した場合は地代を受け取ることができる人もその底地を買い取った人になるということです。

底地を売却する場合にはこういったことに注意するようにしてみてください。

 

□まとめ

今回は底地についてご説明しました。

底地を売却する場合には、借地権を持っている人と理解が必要になってくる場合が多くあります。

底地の売却は地主が主導して行うことができますが、その土地の借地権を持っている人や売却する人への配慮をきちんとすることが快適な取引を行うことへとつながるので意識するといいでしょう。

底地の売却をお考えの際は是非ご参考にしてください。

詳しくはこちらをクリック

自己破産したくない!任意売却すれば自己破産せずに済む!?

みなさんこんにちは。

みなさんは住宅ローンの返済などでお困りになってはいませんか。

住宅ローンの返済が厳しくなってしまった場合、任意売却して自己破産するという方法が頭に浮かぶと思います。

しかし、可能な限り自己破産という手段は使いたくないですよね。

 

実は自己破産と任意売却はセットではなく、任意売却のみで解決することができる場合があります。

今回は、自己破産することなく任意売却のみで解決することができる状況についてご説明します。

 

□自己破産と任意売却とは

*自己破産

自己破産とは、簡単に言うと借金を免除してもらう手続きのことです。

しかし、借金を免除してもらうためには裁判所で支払い能力がないと認めてもらう必要があります。

また、自己破産すると借金を返済する必要がなくなるといったメリットや自分が持っている財産の中に高価なものがあった場合処分される、ブラックリストに名前が載るなどのデメリットがあります。

 

*任意売却

任意売却は住宅ローンを全額支払うことができない場合に、抵当権や差押えなどを用いて支払いをすることです。

 

□自己破産せずに解決することが出来るケース

自己破産を行うことなく住宅ローンの支払いができなくなってしまった状況を解決できるケースについてご説明します。

それまで住宅ローンの滞納や税金の未払いがないというケースです。

この場合、現在ロ-ンを支払っている物件を任意売却することにより解決することができる可能性があります。

 

□自己破産せずに問題を解決できると

自己破産せずに問題を解決することができるとマイホームを持っていた場合それを手放す必要がなくなります。

他にも、職場などに少なからず出てしまう影響などを受けることがなくなります。

また、自己破産してから任意売却することはできませんが、任意売却してから自己破産することができるのです。

そのため、真っ先に自己破産するといったことは避けるようにしましょう。

 

今回は自己破産や任意売却について説明いたしました。

住宅ローンなどが返済できなくなってしまった場合、自己破産をしなければならないと考えている方もいるかと思いますが、決してそんなことはありません。

 

住宅ローンの支払いが滞納していないということや税金の支払いが滞納していないというような状況であれば、自己破産を行う前に任意売却を行うだけで解決することができる可能性があります。

住宅ローンの返済が難しく悩んでいる方は是非ご参考にしてください。

詳しくはこちらをクリック

ローン未返済の不動産を売却したい そのための方法とは?

ほとんどの人は家を購入する時に、住宅ローンを利用していると思います。しかし、転勤や家族構成の変化に応じてライフスタイルが変わると、引っ越しが必要になってくる方も多いと思います。

特に住宅ローンが残っているままの家を売却できないかと心配している方もいらっしゃるかもしれませんが、ローンが残っていても売却を行うことは可能です。

この記事ではローン未返済の不動産を売却する方法を紹介します。

 

■売却方法
[一般売却]
売却代金をすべてローン返済に充て、足りない差額分を現金で支払うというものです。

[任意売却]
債権者の同意を得て、ローン残高が残っているまま相場の価格で売却を行います。足りない差額分は、しっかり支払えるように分割して支払います。

またその人の生活状況によって、支払い条件は異なっており、通常は月々1万円~2万円だと言われています。

[競売]
ローンの支払いを滞納し続けた場合には、借入先の金融機関からの申し立てによって、裁判所で強制的に売却されます。

競売の場合、低い額で落札される傾向が強いので、多額な補足分を求められる可能性があります。

 

■任意売却がおすすめな理由
ローンを借りている人が、収入がなくなってローンが支払えなくなることは、債権者から見れば貸したお金が返ってこなくなるということです。また、少しでもローンの残りを回収したければ、裁判所に不動産の競売を申し立てなければなりません。

しかし、競売は申し立てるための費用がかかる上に、競売物件は普通の物件よりも安い価格で売却される傾向があります。そのため競売にかけるよりも、任意売却で少しでも高く売って、多くの費用を回収したほうがいいのです。

要するに、任意売却は、ローンを借りている債務者だけでなく、銀行などのローンを貸している債権者にとってもメリットがあります。

しかし、ローンを払い続けることができる人が任意売却を行おうとしても、債権者は認めてくれません。そのため、任意売却は経済的に支払いが厳しくなった人が採る手段だということを頭に入れておいてください。

 

■弊社の任売売却サービス
・住宅ローンを支払うのが厳しくなってきた
・早期解決
・この先どうなっていくのか不安
・どうしても今の家に住み続けたい
・競売になってしまうとどうなるのか

このようなお悩みを抱えている方は、お気軽にお問い合わせください。本当の情報法をしっかりと提供します。

 

■まとめ
今回は、ローン未返済不動産の売却方法を紹介しました。ローン未返済のまま売却をご検討の方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちらをクリック

不動産の競売の流れとは?不動産のプロが解説します!

「住宅ローンを滞納していて、裁判所から競売通知が来てしまった!」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

突然、裁判所から通知が来てしまうと、誰でも動揺してしまいますよね。
ご自分の不動産に関する通知であればなおさらです。

しかし、このような場合でも、不動産の競売の流れを知っておくことで冷静に対処できます。
そこで、今回は不動産の競売とその流れについてご紹介します。

 

・不動産の競売とは
そもそも、不動産の競売とはどういう意味なのでしょうか。
不動産の競売は、借り手がローンを滞納している場合や、借り手が不動産を担保にして借りたお金を返せなくなった場合に、貸し手によって行われます。

貸し手は、貸したお金を回収するために、裁判所に申し立てをして、裁判所の管理の下で強制的に売却します。
つまり、不動産の競売とは、借り手がローンを返せなくなった場合に、貸し手が裁判所を通して借り手の持つ不動産を売ってローンの回収に充てる行為を指します。

 

・不動産の競売の流れ
では、具体的な不動産の競売の流れについてご説明します。

□現況調査
競売の開始が決定されてから、1~3ヶ月以内に裁判所の執行官と鑑定人による現況調査が行われます。
現況調査は、競売される不動産を鑑定して評価額を決めるための調査です。
執行官は主に裁判所職員で、鑑定人は不動産鑑定士という専門の資格を持っている人です。

また、現況調査の正当性は民事執行法で定められており、借り手に拒否権はありません。
調査の邪魔をしないよう、注意しましょう。

 

□売却基準価額の決定
現況調査の2~4ヶ月後、鑑定人と執行人の報告書をもとに、裁判所によって不動産の売却基準価額が決まります。
売却基準価額が決まれば、期間入札通知が届きます。

期間入札通知には、期間入札開始日や開札日などの情報が記載されています。

 

□期間入札の開始
期間入札通知が届いてから、おおよそ2ヶ月くらいで実際に期間入札が開始します。
期間入札開始日の約2週間前から、不動産の情報が公開されます。
開札日までに、最も高い買取価格を提示した者が買取人となります。

 

競売が終了すると、裁判所と貸し手、買取人との間で売却許可決定や不動産の所有権移行、売却価格の貸し手への配当などの諸手続が行われます。
この期間は大体1~2ヶ月です。
最後に、借り手が住宅を退去して不動産の競売の一連の流れは終了となります。

 

・最後に
今回は、不動産の競売と競売の流れについて解説しました。
このように、不動産の競売はかなり長い時間をかけて行われます。
突然裁判所から不動産の競売通知が来ても、落ち着いて対処できるように、知識を蓄えておきましょう。

また、借り手側が自ら不動産を売却する任意売却という方法もあります。
解決方法は一つではありません。それぞれメリット、デメリットがありますので、
より多くの知識を身に着けてから判断することをお勧めいたします。

詳しくはこちらをクリック

共有名義の不動産の売却方法・手続きを紹介します

この記事では、共有名義の不動産の売却方法とその手続きをご紹介します。

至急まとまった資金が必要となり、複数の人が権利を持つ共有名義の不動産を売却して、資金を調達したいと考えている方や共有名義の不動産の売却に苦戦しているという方たちのために、一体どのような売却方法があるのかを説明していきます。

 

■持分を売却する
自分の持分だけを他人に売却することは可能です。さらに、自分の持分を売るだけなら、他人の同意を必要としません。

その際の手続きは、通常の形と変わりはなく、売却契約をして売却代金の受け渡しと同時に所有権の移転を登記する流れとなります。共有者同士で売却が行われることはほとんどないようです。

 

■分筆して売却する
分筆とは、1つの土地を2つ以上に分けることです。分筆された土地は、2つ以上の土地に変わります。共有名義の土地を分筆する場合は、それぞれの持分に応じた面積で分け合って、単独の土地にするのが定番的な方法です。

分筆によって、独立した単独名義の土地がいくつか発生し、自分の意志だけで売却を行うことが可能です。

 

[分筆の流れ]
1.測量と境界の確定
分筆を行うことによって、新しく境界線が発生します。そのため、境界線の確定が必要となります。土地家屋調査士が正確に面積を測って、境界杭を設置して測量図を作ってもらいます。

これにかかる費用はだいたい50万円ほどだと思っておいてください。

 

2.分筆登記申請
これは共有者全員で分筆登記を行う必要があります。

分筆登記を土地家屋調査士に頼む場合は、費用として5万円程度かかってきます。

 

3.所有権移転登記
分筆登記後、それぞれの土地の持分を所有権移転をすることで、単独名義の土地に変更することができます。

その際の費用は土地価格の0.4%に値する登録免許税と司法書士報酬5万円程度です。

 

■売却を行った後に持分割合で分ける
売却を行った後に、代金を持分割合で分けて行う方法は、共有名義人同士で意見が合致しているのであれば手続きを円滑に進めることができます。

売却には、共有者全員で契約書に実印で押印して、印鑑証明書や住民票を準備しなければなりません。そのため、共有者の中で誰か1人を売買契約全般に関する代表者として売却手続きを取ることができます。

しかし、その際には共有者全員の委任状が必要であり、また不正委任を防ぐために委任した共有者本人の意思確認も行われます。

 

■まとめ
今回は、共有名義の不動産の売却方法とその手続きについてご紹介致しました。現在共有名義で不動産売却を考えていらっしゃる方は、是非こちらの記事をご参考ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

詳しくはこちらをクリック

再建築不可物件の処分方法とは?ポイントを紹介します

不動産の物件情報を見ると、よく備考欄に「再建築不可物件」と書かれてることがあります。

親から相続した家が再建築不可物件だったため、売却できないんじゃないのか、処分はどうすればいいんだろう、とお悩みの方がいらっしゃると思います。

この記事では、再建築不可物件の処分方法と弊社で行っているサービスについてご説明致します。

 

■再建築不可物件とは
再建築不可物件とは、法律上で現在建っている建物を新築できない物件のことです。

これは建築基準法に関わってくるのですが、この法律における道路とは、一般的に公道などの幅が4m以上のものを指します。これらの道路に2m以上接していない敷地には、建物を建てることができません。この規定ができる前に立っている物件は何も問題はありませんが、この法律が規定された後では、法律に沿って建築できない決まりとなっています。

敷地の接道義務があるのは、都市計画区域内もしくは準都市計画区域内だけであり、それ以外の場所では接道義務はありません。しかし、適用されていない場所であっても、条例によって取り決めがある場合や役場との協議が必要だったりする場合があるので注意が必要です。

 

■処分方法
1.リフォーム
再建築という形ではなく、リフォームという手段をとれば可能になるケースが多いようです。建物の一部を残して大幅なリフォームを行い、買い手候補を集めるという方法があります。

もちろんリフォームコストはかかってきますが、買い手が求めている条件に合うことができればコストを回収することができ、利益のある金額で売却できる可能性があります。

 

2.隣接地の購入
他の手段として、隣接する土地の所有権を売ってもらう方法があります。隣接地を購入する費用がかかってきますが、買い手にとっての魅力を増やすことができれば十分に利益を期待することができます。

 

■弊社の買取サービス
・今の状態のままで買取を行うことができます。
・瑕疵担保責任面積で大丈夫です。
・残置物もこちらで処分を行います。
・境界非明示でも大丈夫です。
・他社に断られた方でもお気軽にお問い合わせください。
・高値で買取をいたします。


■サービスの流れ
1.お問い合わせ
平日はお仕事で忙しいという方のためにも、土日もご相談を受け付けております。
2.無料相談
お客様の意見を第一にして、時間をかけてしっかりとヒアリングを行います。

 

■まとめ
今回は、再建築不可物件の処分方法をご紹介しました。上記であげたように、弊社では様々な物件の買取サービスを行っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

詳しくはこちらをクリック

再建築不可物件を売却するためにはどうすればいい?

この記事では、再建築不可物件を売却するための方法をご紹介します。

現在、再建築不可物件を所有していて、その使い道に困っている方も多いのではないでしょうか。今回はいくつかのポイントをご紹介するので、これから売却しようとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

■売却をうまく進めるためのポイント
1.リフォームやリノベーションを行う
構造体を壊して建て替える場合、建築確認申請と呼ばれる申請が必要となります。再建築不可物件の場合、この申請はできませんが、構造を残したままで行うリフォーム・リノベーションは申請が必要ないため、自由に行うことが可能です。

リフォーム・リノベーションを行えば、不動産の付加価値を高めることができるので、売却をうまく進めることができます。

 

2・セットバックや隣地の購入
再建築不可物件であったとしても、ある程度条件を達成していれば、建築可能となる場合があります。

その方法としてまず、1つあげることができるのが、セットバックです。敷地の一部をセットバック(後退)させて、接している道路の幅を広げたと判断されれば、再建築できる場合があります。セットバックを行うことができるのかどうか確認したければ、不動産会社に直接聞いてみるのがいいでしょう。

次にあげられる方法として、隣地を買い取って土地を広くし、接道義務をクリアするという手段があります。購入するためのコストと隣地所有者との交渉が必要となってきますが、再建築可能になった場合には、不動産の価値を上げることができるので検討してみる価値は十分にあります。

 

3.買取を行ってくれる不動産会社を探す
再建築不可物件を扱っている不動産業者もいくつか存在します。そのような業者は、買い手を見つけるための方法を熟知していたりする場合があるので、業者選びは重要だと言えるでしょう。

なかなか買い手が見つからない再建築不可物件でも、しっかりと対策を行うことによって、売却をうまく進めることができます。

上記であげたように、リフォームや隣地の購入にはコストがかかっくるので、売却で得ることができる代金と、そのためのコストが釣り合うのかどうか、しっかり確認しておきましょう。

また、売却の際には不動産業者への依頼が必要となるので、できるだけ実績がある業者を選ぶようにしましょう。

 

■まとめ
今回は、再建築不可物件の売却するための方法をご紹介しました。再建築不可物件の売却にお困りの方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

詳しくはこちらをクリック

借地権を高く売るための重要なポイントとは?

この記事では、借地権を高く売るための方法をご紹介します。

借地権を売却して、新しい住居の費用の足しにしたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、様々な事情で土地を手放したいと考えている方もいらっしゃると思います。

そんな方たちのために、売却するためのポイントをいくつか説明していくので、お役に立てれば幸いです。

 

■相場
借地権の売却には相場がありません。なぜなら、売却を行うためには、地主の許可がないとダメだからです。

許可がなければ、一般的に売却をすることは不可能です。また、賃貸人の許可においてどのくらいの金額ならいいのかというのは、その時の状況や個人によって大きく変わってきます。

しかし、売却金額はだいたい決まっているため、その金額を参考にして、交渉していくと話がうまく進むでしょう。

 

■売却する際のポイント
・借地権に相場は存在しなく、金額は交渉次第で決まってくる。
・借地権の売却には、一般的に地主の許可が必要となる。
・借地権の買取には順番があり、最初に賃貸人に権利が発生する。

 

■売却をうまく進めていくための方法
1.プロに任せる
借地権売却は法律に関わってくることが多く、内容も複雑なため、個人で交渉するには非常に難しいです。

また、自分でよくわからないまま交渉を進めていってしまうと、想像していたよりも安価で売却してしまう可能性があります。そのため、不動産業者のプロに相談するのがおすすめです。

 

2.地主の許可を貰うことを優先する
借地権売却にはまず地主の許可が必要です。許可をもらうことができなければ、売却することはできません。

そのため、交渉する時にどうすれば許可をもらうことができるのかが大変重要になってきます。そのためには、上記であげたように不動産業者に相談することをおすすめします。

その不動産業者を選ぶ際のポイントとして、一度一括査定に出してみるという方法があります。一括査定を行えば、複数の会社に査定依頼を出すことができるため、自分にとって都合の良い会社を見つけやすいです。

目安としては、だいたい6社ぐらいがおすすめです。

 

■まとめ
今回は借地権を高く売るための方法についてご紹介しました。確実に借地権を高く売却したい方は、一人で考え込まず不動産業のプロに頼りましょう。

闇雲に地主と交渉して望み通りの結果を得られなかったら、すごく勿体無いですよね。ぜひ借地権の売却をご検討の方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

詳しくはこちらをクリック

底地を売却する際の売却方法・注意点を紹介します

この記事では、底地を売却する方法と売却する際の注意点をご紹介します。

底地を所有している方の中には、地代収入が見込めず底地を手放そうと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方たちのために、一般的な底地の売却方法を中心に紹介していきます。

 

■底地の売却方法
底地を売却する際、一体どのように売却するのか、誰に売却すればいいのか、と疑問を抱きますよね。

そもそも底地とは、借地権が付いている土地を言います。そのため、第三者が土地を購入しても、その土地を自由に扱うことはできません。

借地権を単価で販売したとしても価値が下がってしまうように、底地も同様に高い額で販売するのは難しいです。底地の評価額は更地の10〜15%ぐらいだと言われています。

 

■底地を更地の評価額の5割で売却を行う方法

1.借地権者に底地を売却する
その土地を借りる権利である借地権を持っている借地権者に買い取ってもらう方法です。この場合は借地権者にもメリットが存在します。

借地権者は地主に地代を支払い続けその土地を使っていますが、買取を行うことによって完全所有となるため、地代を支払う必要がなくなってきます。さらに、売却や建て替えを検討している場合も、ご自身の土地であれば、簡単に行うことができます。

 

2.底地の一部と借地権の一部の等価交換を行う
ご自身が所有している底地の一部を、借地権者が所有している借地権の一部と交換します。この結果、それぞれが単独で所有している土地を保有することになります。土地の面積が小さくなるというデメリットはございますが、地主が自由に土地を使うことができ、また売却も行いやすくできます。

 

■安くても売却を行いたい場合
できるだけ早く底地の売却を行いたい場合は、第三者に売却するといいでしょう。このようなケースは、不動産業者が買取を行うことがほとんどです。

不動産業者に中には、買取を専門としている業者もあります。不動産業者に依頼する場合は、初めの方で説明したように、更地の評価額の10〜15%ぐらいが買取の相場です。

 

■弊社の買取サービス
弊社では、底地、借地権、再建築不可物件等の買取を行っております。また、お急ぎのお客さまの場合には、最短4日で決済が可能です。

 

■まとめ
今回は、底地を売却する方法とその注意点をご紹介しました。底地の売却を行う際には、この記事で挙げたポイントを踏まえて、是非参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

詳しくはこちらをクリック

貸している土地を売りたい人必見!底地の売却方法

 

今回は、底地の売却方法を紹介していきます。

今貸している土地を売りたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?底地の売却は、相続税対策として非常に効果的なので、是非ともおすすめです。

そこでこの記事貸している土地を売りたい人必見!底地の売却方法では、底地の売却方法をいくつか紹介していきます。売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

■底地を更地の評価額のおよそ半分で売却を行う方法
1.借地権者に底地を売却する
借地権者に買い取ってもらうという方法です。この場合は、借地権者にもメリットが存在します。

借地権者は、地主に地代を支払ってその土地を使っています。しかし買い取ることで、借地権者はその土地を完全所有することができるため、地代を支払う必要がなくなります。

さらに、売却や建て替えを検討している場合も、自身の土地であれば簡単に売却を行うことができます。

 

2.底地の一部と借地権の一部を等価交換する
自身が保有している底地の一部と、借地権者が保有している借地権の一部の交換を行います。この結果、それぞれが単独保有となる土地を所有することになり、売りやすくなります。

 

■借地権者と協力して売却する方法
借地権者と地主の双方が売却を考えているときは、協力して売却を行うことが可能です。底地と借地権の両方を一緒に売却することができるので比較的売却しやすくなります。

取り分に関しては、底地と借地権割合で分け合うことが定番なようですが、両者の事情によって金額は変わってきます。

 

■安くても売却を行いたい場合
どうしてもすぐに売却を行いたい場合は、第三者に売るのがおすすめです。この場合は、不動産業者が買取を行うことがほとんどです。

不動産業者の中には、買取を専門として行っているところもあるので、そのような業者に依頼することをおすすめします。また不動産業者に頼む場合は、複数の業者が提示した金額を比較してから業者を決めた方がいいでしょう。

 

■相場
上記で述べたように、第三者に売却するという方法もありますが、第三者が購入したとしてもその土地を自己利用することができないため、第三者に売却することは難しいです。

そのため底地のまま売却する場合は、不動産業者に売却することがほとんどです。不動産業者の場合、簡単に売却を行うことは可能ですが、更地の評価額の10~15%ほどが買い取り価格の相場と言われています。

 

■まとめ
今回は底地の売却方法について紹介しました。底地問題は、そのことを専門に扱っている不動産業者に相談するのがおすすめです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

詳しくはこちらをクリック

貸している土地を売りたい方必見|相場等をご紹介します!

「貸している土地をうりたいなあ」とお考えの方はいらっしゃいませんか?

その際に気になるのが、

・そもそも貸している土地を売ることができるのか

ということと、

・売るとすれば、その際の相場はどのくらいなのか

ということを知りたいのではないでしょうか。

そこで今回は、貸している土地を売りたいとお考えの方のために以上2点の項目にお答えしていきたいと思います。

 

〇貸している土地を売ることはできるのか

自分の土地とはいうものの、人に貸している状態で土地を売っても良いのかと不安に思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし結論から申し上げますと、そのような場合でも土地を売ることは可能です。

土地を利用する権利を持っている借地人と、土地の所有権を持っている地主では、前提条件が全く違います。

そのため、土地の所有権を持っているのであれば土地を売ることは可能です。

 

〇土地の所有権を売る相手は誰にするべき?

いざ土地を売ると決めたものの、誰を相手に売ればよいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときにオススメなのは、その土地を貸している相手に土地を売るという方法です。

一度、現在その土地を貸している相手に対して「土地の所有権を購入しないか?」という話を持ち掛けてみてはいかがでしょうか。

おそらく高確率で同意が得られることでしょう。

なぜ高確率で同意を得られることが可能なのかというと、ほとんどの借地人にその土地の所有権が与えられる機会が滅多にないからです。

そのため、こんなにおいしい話はないと思う方が多いことでしょう。

ただし、もちろん全ての借地人が土地の所有権の購入を快く引き受けてくれるわけではありません。

その場合には第三者への土地の売却という手段を検討しましょう。

パトリではあなたの土地の購入承っておりますので、是非お気軽にご相談くださいませ。

 

〇貸している土地を売る場合の相場はどのくらいで売ることが可能なのか

結論から申し上げますと、貸している土地を売却する際に「いくらで売れる!」というような相場は存在しません。

この土地の売買は基本的には双方の合意によって行われます。

その土地の価値の感じ方というものも、その買い手によって異なりますので、あなたと相手との間で相談しつつ決めていく必要があるでしょう。

 

今回は、貸している土地を売りたいとお考えの方のために以上2点の項目についてご紹介しました。

土地の売却を第三者にすることをお考えの方は是非パトリまでご相談くださいませ。

詳しくはこちらをクリック

底地権売却をお考えの方必見|その注意点をご紹介します!

「底地を売却したいのだけれど、一体どういう点に気を付ければ良いのだろうか?」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
このような土地の所有権売買に関する情報はネットを検索してもあまり出てこないのが現状ではないでしょうか。

そこで今回は、底地売却をお考えの方へ向けて、その際の注意点をいくつかご紹介させていただきます!

〇きちんと信用できる業者に相談するようにしましょう
底地の売却に関して不動産業者に相談することになると思いますが、すべての不動産業者が親切であるとは限りません。
所有権の売買を本業にされていない不動産の中には「借用地」と「底地」の区別もあいまいなまま、あなたに対してアドバイスをすることが多々あります。

例えば、パトリでは借用地や底地の買取に合わせて、再建築不可物件の買取までお行わせていただいております!

〇底地の売却方法2選
底地の売却をお考えなのであれば、売却方法が2つあることを覚えておきましょう。
まず1つ目の方法が、現在あなたが売りたいと思っている土地を借りて、そこを利用している人に土地の所有権を売ってしまうという方法です。

ほとんどの場合は、この所有権の売買がうまくいくことが多いのですが、中には土地の利用は続けたいけれども土地の所有権までは買わない方もいらっしゃいます。
そのような場合には、土地の所有権を第三者である不動産業者へ売却することになります。

〇多数の不動産業者に査定をお願いしましょう
ここまでの情報をまとめると、底地の売却をお考えの際には、まずその土地の所有権が現在の土地の利用者に売れないかどうかを確認してから、不動産業者への売却を考えることになります。

そしてその中でも信用できる不動産業者を見つける必要があるのです。

そのためには、冒頭でお伝えした通り、所有権の売買をおこなっているかを確認するとともに、そのような会社を複数ピックアップして査定をお願いするようにしましょう。
そうすればどの会社があなたにとって一番良いかということが分かります。

今回は、底地の売却をお考えの方を対象にして、その際に注意すべきことを3点ご紹介しました。
底地の権利の売買については、分からなくて不安と思う部分も多いかと思います。
そんな方は、是非一度パトリまでご相談くださいませ。

パトリでは、積極的に買取を行っております。「底地を売るためにはどうすれば良いの?」というようなお悩み相談でも、底地取り扱いのプロであるパトリにお任せくださいませ!
あなたからのご連絡をお待ちしております。
 

詳しくはこちらをクリック

相続した不動産を売りたい!少しでも節税して利益を上げたい方に

家族と過ごした日々、友達と遊んだ思い出、ご自宅には幼少期の思い出が色々と残されていることでしょう。

相続されたご自宅は空き家でも売りに出そうか少しためらってしまうものです。しかし、手入れもせずに放置されていると不動産としての価値が下がってしまい、そればかりか衛生面や防犯面など近所に迷惑をかけてしまう場合もあります。

そこで本記事では、相続した不動産を売る際に節税するために知っておきたいことを説明いたします。まずは税金について知りましょう。

 

◯不動産を売却した時の税金は譲渡所得に課税される

不動産を売却されると売れた価格ではなく、買った時の価格と費用や売れた時の費用を差し引いた所得に課税されます。

そして、買った時の価格や建築費は耐用年数に応じて減価償却します。

ただし、不動産を相続された場合、この部分の書類が残っていないケースがあります。

書類が残っておらず買った時の詳細が不明な場合は、法律により売れた価格の5%相当の額を取得費にできます。

 

◯「3000万円の特別控除」を使う

先ほど説明したように取得費を5%で計上されると税金がかかる金額が多くなってしまい、損をしてしまう可能性があります。

この時、3000万円の特別控除が適用できるかもしれません。ご自宅を売却された時、利益部分(譲渡所得)から3,000万円までなら税金を控除できる、税金がからないといった特例です。

この特例は相続人が被相続人と暮らされていた場合や、不動産を相続してそこに移り住んだ後、売却した場合などに適用ができます。ただし、確定申告を行う必要があるので税務署や専門家に相談すると良いでしょう。

 

◯課税率は不動産の保有期間で変わる

譲渡所得に対する課税率はご自身が不動産の所有者になってから売却するまでの期間によって変わります。

相続されてから5年以下の場合は譲渡所得に対する課税は所得税が30%、住民税が9%です。一方、5年以上の場合は所得税が15%、住民税が5%です。したがって、売却される際は相続されてから5年以上で売却された方が、税率が少なくなります。

しかし、3年以内の売却なら税金の負担が軽くなるかもしれません。これは売れた価格から相続税をマイナスできるからです。

 

○最後に

本記事では節税するために知っておきたい予備知識について説明いたしました。

税率を削減するか、課税対象を削減するかケースによってどの方法がお得かは異なるでしょう。専門家と十分にお話しされると良いでしょう。

株式会社パトリでは様々な不動産売買を取り扱っております。相続した不動産を売りたいという方はお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらをクリック

共有名義の不動産を売却するにあたって必要な手続きとは?

「すぐにまとまった資金が必要になってしまったけれども、今すぐに支払えるだけのお金を持ち合わせていない」という理由でお困りの方はいらっしゃいませんか?

そんな方に是非実行していただきたいのが、「共有名義の不動産を売却して資金を調達する」という方法です。

とはいうものの、実際にどんな手続きを行えばよいのか分からないという方もいらっしゃるかと思いますので、今回の記事では共有名義の不動産売却に必要な手続きをご紹介します。

〇名義人全員の同意を得ておくようにしましょう
共有名義の不動産を売却する場合には、同じく名義を持っている人全員が売却に同意していることがはじめの前提条件になります。
そのため共有名義人が売却に反対しているのであれば説得しましょう。

しかし当事者同士の話し合いではらちが明かないこともあるでしょう。
その場合には、間に不動産売却の専門家に入ってもらうとスムーズに話が進むことがあります。

また、説得に成功したら次に必要なのは書類の準備です。
共有名義人の誰か1人のみの存在で不動産の売却を行うことはできません。
その住宅が共有名義である限り、すべての段階において名義人全員が参加する必要があるということを覚えておきましょう。

ただし何らかの都合で出席することがむずかしければ、委任状を作成して同席しないということも可能です。

〇「持ち分」を把握しておきましょう
共有名義の不動産であれば、各所有者に対してその不動産の「持ち分」が振り分けられているはずです。
また、この持ち分というのは面積や空間といったものが対象になるわけではなく、不動産の「権利」がその対象になります。

つまり、共有名義とはその不動産の面積単位を分割して共有しているというわけでなく、不動産の権利を皆で分け持っているということを指しています。
この点については勘違いをしてしまっている方も見受けられますので、今のうちに整理しておきましょう。

〇書類をそろえておきましょう
最低限の書類だけでも構いませんので、事前に書類は準備しておくようにしましょう。
必要最低限の書類がなければ、不動産の売却を行うことは不可能です。
以下に必要な3つの書類をご紹介します。

・権利証
・身分証明書、印鑑証明書、住民票、印鑑
・土地測量図及び境界確認書

「身分証明書」などについては、共有名義を人数分用意するのを忘れないように注意しましょう。

 

今回は共有名義の不動産を売却するにあたって必要な手続きをご紹介しました。
不動産売却をお考えの方は、まずは共有名義の方全員が売却に同意されているかどうかを確認するようにしましょう。

共有者で同意を得られない場合、共有物分割訴訟等の裁判になる可能性があります。
裁判は想像以上にエネルギーが必要になります。
日頃から共有者でコミュニケーションを取り合いましょう。

詳しくはこちらをクリック

借地権を高く売りたい方必見|高く売る方法をご紹介します!

「借地権をできるだけ高く売りたい!」という方はいらっしゃいませんか?
しかし、現実にはどのようにすれば借地権を高く売れるのか分からないという方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、借地権をできるだけ高く売る方法をご紹介します。
借地権の売却をお考えの方がいらっしゃいましたら、是非参考にしてみてくださいね。

〇土地の権利を持っている地主との関係を良好に保っておく
「借地権をできるだけ高く売りたいのに、なぜ地主との関係の保ち方が重要なの?」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、この意図は「地主に借地権を買い戻してもらう」ということにあります。

借地権を第三者に売却をする場合であれば、その際地主に対して譲渡許諾料や名義変更料等という料金を支払う必要があります。
また、この譲渡許諾料にかかる費用は借地権の買取にかかった費用のおよそ1割であるとも言われています。

そのため、地主に借地権を買い戻してもらった方が金銭面でトクをしているということが言えるでしょう。
また、あなたの借地権が駅から遠かったり、田舎にある場合にもこの方法は効果的です。

なぜなら不動産への売却を行う際には、買取の際の評価に駅からの距離をはじめとした利便性が問われることになるからです。
そのためあなたの借地権は高く評価されないというケースも考えられます。
そうならないようにも、地主に借地権の買い戻しをしていただけるような関係性を築いておくと良いでしょう。

〇地主と共同で土地+物件を売る
借地権をできるだけ高く売る方法をご紹介します。
その方法は、地主に買い取ってもらうという方法ではなく、地主と一緒になって第三者への所有権として売却を行うというものです。

この場合、土地と物件をセットにして第三者へ売却することができるため、市場価格に近い値段での買取をしてもらえることが多くなります。

他にも底地の一部と借地権の一部を交換して、底地権者、借地権者のそれぞれが所有権として所有するという方法もあります。それであればそれぞれが好きな時に売却しても良いし、活用しても良いのです。

〇借地権等の不動産権利関係に詳しい業者に買い取りを依頼する
最後に一点意識していただきたいことは、「不動産業者」と一口にいうものの、不動産業者の中には借地権や底地などの権利関係を本業にしていない業者も多数存在し、そのような不動産業者に相談をした場合、曖昧な知識に基づいた返答をされる場合があるということです。

その点パトリであれば、借地権や底地の買取を行っているだけではなく、再建築不可物件の買取まで行わせていただいております!
今回のように、不動産の権利関係についてのご依頼をされる場合であれば、このような分野を専門的に取り扱っている業者に相談をするようにしましょう。

詳しくはこちらをクリック

再建築不可物件売却はどうすればいい?その方法をご紹介します!

再建築不可物件とは、どのような物件のことを指しているのかご存じでしょうか。

これは、建築基準法で決められた道路に接していない物件であるがために、再建築ができない物件のことを指します。

このような物件は、一般的な相場に比べると売却した際の値段が安くなってしまいます。

その結果、再建築不可物件の売却を行うことは難しいとされています。

では、このような物件の売却をお考えの際にはどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、売却手段をいくつかご紹介します。

 

〇リフォームを行いましょう

再建築不可物件である場合であっても、リフォーム程度の改築であれば施工可能である場合が多いです。

このリフォームの基準としては、柱が1本でも残っていれば大丈夫だと言われています。

そのため、今持っているおうちを改築して「このおうち素敵だなあ」と思ってもえらるようなおうちにしてみてはいかがでしょうか。

そうすれば買い手も付きやすくなりますし、売却が難しいというデメリットもなくなることでしょう。

 

〇隣接地を購入しましょう

道路に接するように、隣接する土地の所有者に敷地を売ってもらうことが挙げられます。

隣接地の購入をしなければならないという点では、コストがかかってしまいますが、このように隣接地を購入することで、あなたが売却しようとしている住宅がもっと良く見えるならば、隣接地を購入することはオススメしますよ。

 

〇交渉に早く乗り出しましょう

再建築不可物件の売却を行う必要性がでてくるのはいつでしょうか。

おそらく相続の際であったり、引っ越しのときではないでしょうか。

その場合はおうちが一旦空き家になってしまってから売却することになってしまいますので、おうちの価値が下がってしまいます。

それを避けるために、なるべく空き家になる前の段階でおうちを売ってしまうようにしましょう。

また、余計な傷や汚れなどがついてしまい、おうちの価値が下がる前に売ることを心掛けましょう。

 

今回は、再建築不可物件の処分をお考えの方に向けて、その処分方法とポイントを3つずつご紹介しました。

あなたはどのポイントが良いと思いましたか?

例えば、リフォームをするだけの資金がある場合や、隣接地を購入するだけの資金に余裕がある場合には、これらの方法での売却手法をオススメします。

しかし、売却のためのおうちにあまり費用をかけたくないという場合であれば、できるだけ早い段階で売却に踏み出すようにしましょう。

詳しくはこちらをクリック

再建築不可物件の処分方法を全てご紹介します!お困りの方必見です

再建築不可物件の処分にお困りの方はいらっしゃいませんか?
再建築不可物件とは、昭和54年に建築基準法が改正された結果として、おうちの建て替え(再建築)ができなくなってしまった物件のことを指します。

では、どういうおうちに住んでいると建て替えが禁止されてしまうようになったのかというと、
・道路と2メートル以上接していないおうち
・おうちが接している道路が建築基準法で定められた道路ではない
この項目に当てはまる場合はおうちを立て直すことができなくなります。

今お住まいのおうちが再建築不可物件の条件に該当してしまった場合、どのようにして処分すれば良いのでしょうか。
そこで以下では、このような物件の処分方法をご紹介します。

〇再建築ではなくリフォームをする
再建築ではない程度の「リフォーム」であれば実施することが可能の場合が多いです。
リフォームをすることに対してコストは発生してしまいますが、おうちをリフォームして売りに出すことで買い手がついてくれるのであれば、マイナスになることはないでしょう。
あなたがお住まいエリアが主要駅に近い場所であったり、土地の条件が良いのであれば、必ず買い手は現れてくれるはずです。

〇隣接地を購入する
再建築不可物件の処分にお困りであれば、隣接地を購入することを考えてみてはいかがでしょうか。
おうちが道路に接する面を増やすためにも、隣接している土地をその土地の保有者から購入するという方法で、再建築不可物件の買い手を得るという方法もありますよ。

〇専門の買取業者に売る
以上2つは、人気のない再建築不可物件をどうすれば買い手が現れるのか、その方法をご紹介しました。

しかし、「リフォームをするコストをかけたくない」という場合や、「隣接する土地を購入することができない」という場合にはどうすれば良いのでしょうか。
それこそ、本当におうちの処分に困ってしまうことと思います。
再建築不可物件は買取をお断りする業者が多いのも事実です。

しかし、そのような中で再建築不可物件の買取を専門に行っている業者が存在していることをご存じでしょうか。
それが「パトリ」です。
パトリでは今のおうちをリフォームをすることなく、現状のままで買取を行っております。
さらに、瑕疵担保免責(責任なし)で構いません。
残置物もパトリの方で処分させていただきますので、気になさらなくても大丈夫ですよ。
また、多くの方が気にされるかと思いますが、パトリでは境界非明示のおうちの買取も行っておりますのでご安心ください!

買取実績は以下の通りです。
・足立区千住河原町
・練馬区西大泉6丁目
・品川区小山台
・千葉県松戸市松戸新田
・横浜市南区 等々
 
少しでも再建築不可物件の買取を依頼してみようかなとお思いになった方がいらっしゃいましたら、是非パトリまでご相談くださいませ。

詳しくはこちらをクリック

自己破産したくない方必見です|任意売却とは一体なに?

住宅ローンの返済にお困りの方はいらっしゃいませんか? そのような方は、「もしかすると自己破産の道を歩まなくてはならないのでは・・・」という恐怖を感じ ている方がいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそのような心配の必要はあまりないというのが 現状です。

住宅ローンの返済にお困りであれば、任意売却で解決できることがほとんどです。 そこで今回は、自己破産と任意売却の関係についてご紹介します。

〇自己破産の手続きを行うとどういうことが可能になるの? まずは自己破産についてご説明します。 自己破産の手続きを行った場合、あなたが抱えている税金を除いた全ての借金の返済をする必 要がなくなります。

詳しい手続き方法としては、まず信頼のできる弁護士もしくは司法書士に相談をするようにしましょ う。 そしてそのあと、あなたが済んでいる地域にある地方裁判所に自己破産をする旨の申請書を提出 します。そして自己破産が認められるようになります。

この際に、

・返済能力のないことを証明すること
20 万円以上の価値のあるものを所持していないこと(所持している場合は売ってから返済のため の費用に充てること)

以上 2 点に注意するようにしましょう。 そうすれば自己破産が認められます。

〇自己破産したくない!そんなときにオススメなのが任意売却です 「確かに借金を返済するのは苦しいけど、まだ若いし自己破産だけはどうしても避けられないか な」とお考えの方が多いかと思います。
そんな方にオススメしたいのが、「任意売却」です。

先ほどご紹介した通り、自己破産をする場合には 20 万円以上の価値のあるものを所持しながら 自己破産申請し、免責をうけることができません。 そのため、マイホームを持ちながら自己破産申請し、免責を受けることは不可能なのです、

そのため全員が、自己破産申請し、免責を受ける前にマイホームを手放す必要があります。 そして、このマイホームを手放した時に得られるお金で借金から解放される方がいらっしゃいます。 その場合自己破産をする必要がなくなるのです!

今回は、このような理由で任意売却というものをオススメしております。 以下ではその任意売却というものをより詳しくご紹介します。

〇任意売却とは? 任意売却とは、借金をしている金融機関と話し合いを行い、ご自宅の売却を行う方法のことを指し ています。

通常、住宅にかかっている月々の支払を滞らせてしまうと皆さま「自宅の売却」を考えると思います。 しかし、自宅を売却したとしても、売れた額では借金返済にまだ足りないという事態も考えられます。

そんな事態を避けられるのが、「任意売却」です。 これは、金融機関がローンの返済をすることが不可能であると認めた人物に対して、ローンが残っ ていても家を売却するのを許す手法です。 つまり、この任意売却を使用することで、通常ならばネックになるはずの「抵当権」をすんなりと外 すことができてしまうのです。

さらに、金融機関側にとっても、住宅ローンの滞納が続いて返済の見込みがなくなると、競売か任 意売却で住宅ローンを回収するしかありません。多くの場合、金融機関にとって任意売却だと回 収額が多くなりますのでメリットになります。

今回は、任意売却という選択肢をご紹介しました。 住宅ローンの返済でお悩みの方は自己破産についてお考えになる前に、任意売却について考え てみてはいかがでしょうか。

お金の問題で解決できない問題はありません。 個人版民事再生や特定調停等、その方の事情によって色々と解決方法があります。 自己破産も場合によっては有効な法律です。 悩みを自分だけで抱え込まずに必ず専門家に相談しましょう。

詳しくはこちらをクリック

    

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6419-7881

受付時間:10:00~19:00