再建築不可物件、借地権、底地、共有持分、任意売却等複雑な不動産のことなら、株式会社パトリにお任せください。

株式会社パトリ

不動産の事ならお任せ下さい!

 東京都港区南青山6-6-21
 グロービル青山 6階

アクセス:表参道駅より徒歩10分

お気軽にお問合せください

03-6419-7881

営業時間:10:00~19:00

借地権解決事例2

物件所在:東京都北区
種類   :居宅
処理形態:第三者へ売却

亡夫より相続した借地人は、商売をしていたため築60年超の家屋に居住し続け借地契約を継続していた。世代交代した地主より数年程前から借地権買取を打診されていたが、近隣の代替地探しの問題や金額の面で折り合いがつかず数度に亘る話合いも決裂していた。

経年による老朽化で傾いた建物に独りで暮らしている借地人を憂慮した長男が、現住する他県の家での同居を提案。借地人は慣れ親しんだ当該地に思いを残しながらも借地権を処分し、その売却益で長男を助けながら同居することを希望した。

しかしながら当該物件は、土地に数年前地下鉄建設の折に地上権が設定されていることが判明し、地上権者との権利関係等諸々の問題から、地主に売却することが借地人にとって最善の方法であると判断。再度協議し、地主へ譲渡承諾請求を通知し、当社は双方の間に立つ形で話合いをもった。

隣接の地主所有地との関係もあり、地主は強く買取を希望。過去の数度の話合い決裂の経緯から、お互いの心情的部分がかなりこじれていたため、当社が一旦借地人より借地権を買取り、地主に売渡すことを提案。地主もこれを承諾した。

借地人より当該物件を買取った後、地主との売買代金決済・引渡日等を調整すると同時に、約束通りの借地人へ手取金を渡し、借地人は受け入れ準備の整った長男宅へと移転した。

借地人は地上権問題で借地権評価がほとんど見込めない状況の中、当事者同士の直接交渉では埒の明かなかった借地権問題を当初の希望通り地主へ売却することにより解決し、それによって得た手取金を持って長男家族と同居する運びになった。

 

 

 

 

戻る

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6419-7881

受付時間:10:00~19:00